国産ワインはここが美味しい!エピソード

今は療養中なので・・・[女性 39歳]

国産ワインはここが美味しい!エピソード
今は療養中なので、めっきりお酒を飲む機会はなくなってしまいましたが、病気になる前はワインが好きでした。
ほんのり香る葡萄が心地良くて、日本酒やビールよりも飲みやすく感じていたのです。

特に国産ワインがいいと思っていました。
私が美味しいと思った国産ワインは甲府のものです。
ちょうど今、朝の連続テレビ小説で甲府が舞台となったドラマをやっていますが、まさにそのとおりで、甲府といえば葡萄の名産地ということもあり、葡萄そのものを満喫できるようなワインだったような気がします。いただきものだったので、何となくしか覚えていませんが、甲府のワインとしか分かりません。名称は分からないのですが、それでも印象に強く残っています。
ワイン好きではない家族もそのワインだけは飲みやすくて、もっといただきたかったと言っていたくらいです。
名称さえ分かれば、インターネットで検索して取り寄せることもできると思います。病気が治ったらそのワインをくれた人に連絡をして、名称を聞き出し、インターネットで検索してみるつもりです。

ワインが好きで、よく食事中や食後に飲みます・・・[女性 34歳]

ワインが好きで、よく食事中や食後に飲みます。飲み始めた頃は、大人のイメージが強いワインへの憧れが先行して、背伸びしてよくわからないけれど外国産のものを選んで飲んでいました。
が、イマイチそのおいしさがよくわからなかったのです。

ですが、友達から勧められた友達の地元の国産ワインを飲んで、初めて「おいしい!」と感動しました。
それ以来、家でゆったりした気持ちで飲みたい時には必ず国産ワインにしています。
国産ワインのおいしさというと、やっぱり日本人に合う味わいや香りになっている点だと思います。外国産のものは一緒に食べる食事にあわせて作られているので、外国の料理に一番合うようになっています。だから、和食に合うワインといえば国産のワインに勝るものはありません。
また日本には良質なブドウを栽培する土地も、あまり知られていませんが意外と多いのです。
日本の四季の中、丁寧に作られて育ったおいしいブドウから作られるワインがおいしくないわけがありません。
日本人に合うやわらかい香りや味わい、国産ワインはそこが最高においしいと思います。

ピックアップ